記事一覧

2018.12.19 (水) 18:34

によって購入された非常にモデルであった

さらに重要なことに、オークが説明しているように、CK 2998は、水星宇宙飛行士ウォルター“Wally”M . SirraとLury G . Gordo“Cooper”によって購入された非常にモデルであった。それは彼のマーキュリーアトラス8(Sigma 7)任務の間、Sirraによってつけられました。そして、NASAの有人任務のすべての使用のためにSpeedmasterの公式選択につながったNASAの現在有名なテストの前に、1962年10月に宇宙ですり切れた最初のオメガSpeedmasterになりましたOUは自分自身に質問をしています-これまでに宇宙に着られていた最初の時計はユリ・ギャガリンの手首の上のものでした。これに関する公式の情報はありませんが、彼はほとんどの可能性がありますSturmanskie、ソ連の時計“ブランド”は、国民に販売されていないが、当時の兵士のために予約を着ていた。
今日、CK 2998は、最も集められるスピードマスターのうちの1つです。1959年から1962年にかけて生産されたオリジナルの部品では、今日ではオリジナルのものが多く、20 Kマークの北に再販されている。オメガがディスプレイに持っていただけを見てください:それは多くの摩耗と涙を持っていました。そして、それは間違いなくヴィンテージ腕時計の魅力とpatinaの一部です。
オメガの言葉で、Speedmaster家族内の次の開発は、“決定的な1つだった”1963年に導入され、まだマニュアル創傷口径321、第三世代オメガスピードマスターST 105.003によって供給された正確なモデルは、NASAによってテストされ、テストされました。1964年10月に「手首クロノグラフ」の要求に応えて、オメガの北アメリカのエージェントはNASAにSt 105.003スピードマスターの必要な数を供給しました。
これらの時計は、他の競合ブランドからモデルと同様に(オメガは指定されていないが、ロレックス、ロンジン、そして後にBulovaからだった)は、厳重にテストがこれまで耐えてきた過酷な裁判として記述することができる一連のテストで破壊にほぼ評価されました。
高温度及び低温試験(70°C(158°F)での2日間、93℃(199°F)で30分、次いで-18°C(−0.4°F)で4時間;25℃から70℃までの温度で95 %湿度で10時間周期、腐食試験;6方向、低圧及び高圧試験で6回40 gの衝撃試験、振動TESTSとサウンドテストでさえ、時計は40分から40ヘルツまで30分の間、周波数で断続的に130デシベルで「叫びました」。悪化の鍵となる徴候は、ルムが手に離れて落ちるのを含みました、そして、あなたはそれを推測しました、そして、率は影響を受けました...
オメガSpeedmasterがNASAの有人宇宙計画のために「公式に公認された」器材になったので、NASAはST 105.003の更なる例を促進して、それにその宇宙飛行士を公式に装備しました。宇宙飛行士のエドワード・ホワイトの手首の上で、このモデルは、ジェミニ4任務の間、1965年6月3日にアメリカ  の最初のEVA(余分の車両活動、またはより明白に、「スペースウォーク」)の一部になりました。

2018.10.01 (月) 19:28

UG.SHAFTオンラインストアにて、Supreme 2018年秋冬コレクションの新作アイテムが発売

東京のセレクトショップ「UG.SHAFT」が、2018年8月30日(木)21時よりSupreme (シュプリーム) 2018年秋冬コレクションの立ち上げ商品のリストック及びKnow Wave、Fucking Awesomeの商品を発売する

『UG.SHAFT』で取り扱われている商品は全て米正規取扱店(直営店)となるので、100%本物を展開している。

そんなUG.SHAFTが本日リリースするドロップリストはこちら。

今季も様々なブランドとのコラボアイテムをリリースするであろう Supreme (シュプリーム) が2018年秋冬コレクションにおけるファーストコラボレーションの発売をアナウンスした。

NIKE SBとの新作フットウェアは、フットサルシューズ”GATO”をベースモデルに採用し、アッパーにはカーフレザーとメッシュ素材、ソールにはクッション性が優れたクシュロンフォームやガムラバーのアウトソールを搭載。

ヒールにはアイコニックな“WORLD”と“FAMOUS”の文字が左右にそれぞれ刺繍されている。

Supreme × NIKE SB によるコラボコレクションは2018年8月30日(現地時間)に海外リリースを終えたのち、9月1日(土)から国内直営店にて販売される。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ