家賃を滞納すると最悪の場合強制退去に!?無料でできる解決策も紹介

Uncategorized

「お金がなくて家賃が払えなさそう…」

お金が足りなくて家賃の支払いが難しい…と困っていませんか?

やむを得ない事情があるのはわかりますが、家賃を滞納し続けると、最悪の場合強制退去させられ、社会的信用が失墜してしまいます…。強制退去になってしまえば住む家がなくなるのはもちろん、ローンを組んだり、クレジットカードを作れなくなったり、仕事がクビになったりしてしまいます。

では、実際にどのような流れで家賃滞納から強制退去になるのでしょうか?この記事では家賃滞納から強制退去になるまでの流れを詳しく解説していきます。

家賃が支払えなさそうなときに無料でできる解決策も紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

【オススメ】
未払いを今すぐ解消するならこれ!

今すぐ滞納を解決するなら、年会費・入会金無料の大手のカードローンで一時的に立て替えるのがオススメ。

カードローンなら分割での返済も可能なので、月々2,000円〜あなたのペースで返していけます!

審査、年会費・入会金などは全て無料!
当日中に借りられる!

※繋がりにくい場合があります。
数秒まてば繋がるので、繋がるまでおまちください

一見すると入力項目が多そうに見えますが、選ぶだけの項目が多いので10分ほどで申し込み完了しますよ!

※事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります
※新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります

>>プロミス公式HPはこちら

家賃を滞納したときの流れ

まずは実際に家賃を滞納したときの流れを解説していきます。

まずは督促の電話がかかってくる

家賃滞納をするとまずは管理人から催促の電話がかかってきます。契約書に記載した電話番号に対して、「家賃の支払いがされていない」というお知らせの電話がやってきます。滞納をしてから数日~10日以内には連絡がくることが一般的です。

この時点で家賃をいつまでに支払うから待って欲しい、また分割払いにしてくれないか等、管理人と交渉を行い、その通りに家賃を支払えば特に大きな問題にはならず、賃貸契約は継続されます。

管理人が自宅に訪問してくる

しかし電話を何度も無視をするまたは度重なる催促の電話の後にも家賃の滞納をし続けると、管理人側は自宅訪問をしてくる場合があります。自宅訪問は家賃滞納から1か月程度で行われることが多いです。仮に同居人がいる場合はこのタイミングで家賃の滞納がばれてしまうでしょう。

また自宅訪問まで管理人が行った場合、本気で裁判等の法的措置を考えているとも判断することが出来ます。しかしこの時点でもまだまだ後戻りができる状況であり、管理人としっかり話し合い、交渉をすることで、賃貸契約を継続することは出来るでしょう。

保証人に連絡が及ぶ(家族にバレてしまう

自宅訪問と同じタイミングまたはその後に保証人または連帯保証人に家賃滞納の催促の電話が行ってしまいます。保証人または連帯保証人は家族する場合が多いため、このタイミングで家賃滞納が家族にばれてしまうと思います。また連帯保証人の場合、支払いを拒否することは出来ません。

しかし何の連絡もなく急に保証人に通知が行くことは少なく、保証人に連絡を取るという通知が管理人から来てから、保証人に通知が行くということが一般的です。そのため家族に迷惑をかけたくなければ保証人に連絡を取るという通知が来たら、早急に管理人とコンタクトを取り交渉を行う必要があります。また保証人が家賃を払えば、家賃を支払う義務はなくなります。

半年以上滞納が続くと契約解除、強制退去に…

この家賃が滞納されている状態で3か月以上たつと管理人から賃貸契約解除の裁判を起こされることが多いです。この状態になるともう管理人との信頼関係がなくなっているため賃貸契約を続行することは難しくなってしまします。裁判では話し合いによって和解に至ることはありますが、基本的には契約解除を前提に滞納家賃の支払いと自宅の明け渡しが要求されます。

家賃を3か月以上滞納している場合は、ほとんどの場合契約解除は認められ、家の明け渡しが命じられます。裁判から判決までおよそ2か月ほどかかりますので、家賃滞納から最短で5か月ほどで家の明け渡しが命じられることになります。またその時に家賃滞納や賃料相当損害金、また管理人が強制退去にかかった費用も支払う必要が出てきてしまいます。

強制退去以上に怖い!家賃滞納のデメリット

当然家賃滞納による強制退去は大きな痛手です。しかしそれ以上に今後の人生を左右する大きなデメリットがあります。それは社会的信用が一気になくなってしまいブラックリストに登録されることです。社会的信用がなくなると今まで当然に出来ていたことが出来なくなってしまい、日々の生活に大きな影響が出ることになります。

ブラックリストに登録され、家が借りれなくなったり携帯が契約できなくなる

ブラックリストに登録されると何かを借りるということができなくなってしまいます。例えば不動産会社同士でブラックリストを共有している場合も多いため、強制退去された家の不動産会社ではない、他の不動産会社でも家を借りることが出来なくなってしまうことが多いです。

またクレジットカードの審査が通らなくなり、クレジットカードの作成もできなくなってしまいます。クレジットカードもお金を一時的に借りるということになるため、家賃を滞納するような信用が無い人には作成することは出来ないからです。

当然お金を借りて住宅を買う住宅ローンなどの審査も落ちやすくなります。他には携帯が契約できなくなってしまう可能性もあります。家賃の滞納の実績があると携帯料金の滞納する可能性が高いと携帯会社の方でも判断されてしまうからです。このように日々の生活をする上で大きな影響が出ることになってしまいます。

最悪の場合、仕事をクビに…!

お金を借りられなくなる等のデメリットが家賃滞納にはありますが、最悪の場合、勤めている会社をクビになってしまう可能性があります。会社からすれば身元や住所がはっきりしていない人を雇うのは大きなリスクになるからです。

なぜならば企業には労働者を雇用する際には雇用主としての責任を負わなければなりません。しかし何処に住んでいるかも判らない者に対して、企業が責任を負うことは難しいです。例えば通勤中、労働者が怪我をしたとしても、通常ならば労災対象となりますが、住所がわからない場合、対応することが出来ません。このようなリスクがあるため会社に住む場所がないことが会社にばれると最悪の場合、クビになってしまいます。またばれるタイミングとして、家賃の滞納をし続けると職場に連絡が来る場合もありので、そのタイミングでばれることがあります。

このように、家賃滞納によって仕事を失うという最悪な状況になってしまうこともありえます。

家賃が払えないときの解決策:無料で使える◯◯を使おう

今すぐお金がほしいときは友人や親から借りる、日雇いバイトをするなどいろいろありますが、筆者のオススメはキャッシング(カードローン)

いわゆる消費者金融というやつです。

家賃は基本的に分割払いでの支払いができませんが、キャッシングであれば分割での返済が可能なので融通が効きます。

カードローンやキャッシングと聞くとおどろおどろしいイメージがあるかもしれませんが、三菱UFJ銀行や三井住友銀行などの大手企業が運営しているので闇金まがいのことはできません。

本当は優しいカードローンの真実
  • 三井フィナンシャルグループやSMBCコンシューマーグループといった大手企業が運営している
  • 実は日本全国で1,450万人もの人が使っている(日本で7人に1人!
  • 基本的に24時間Web受付をしており、いつでもどこでもすぐにお金を借りられる
  • 個人情報保護は徹底されており、親や友人にバレる可能性は0
  • 高いイメージの金利も意外と安い(10万円を借りた場合でも利息は約1,500円!)
  • 期日通りに返済すれば信用情報は一切傷つかない

親や友人のほうが借りる分には手っ取り早いかもしれませんが、後々トラブルが起きて結果的に面倒ごとが増えてしまうということにもなりかねません。

筆者の知り合いは友人に貸した50万円を持ち逃げされてつらいことになっていました。

ということで、筆者が実際に使ったキャッシングサービスを紹介します。

期日通りに返せば一瞬でお金が手に入るだけの便利なサービスです。恐れずぜひ利用してみてください(本来そういうもの)。裁判に発展するよりはマシなはず・・・!

「1日でも返済が遅れたら取り立てがヤバそう」「親や職場の人にバレたくない!」なんて心配をされている方はキャッシングQ&Aの項目をご覧ください(結論バレません!!)。

 

筆者を滞納から救った「プロミス」の特徴

245x135(オレンジ)

筆者は電車やテレビCMでもよく見かけるプロミスにお世話になりました。

プロミスを選んだ理由は入金のスピード感あと単純によく見るサービスだったから

プロミスは24時間受付をしている上に最短30分で簡易審査が完了します。そして振込は最短10秒で可能と、お金が手に入るスピード感がピカイチです。その他にも…….

プロミスのおすすめポイント
  • 初めての利用なら30日間利息が無料。30,000円借りたら30,000円返せばOK!
  • 郵送物も一切ないので、申し込み後すぐにお金が手に入る上に同居人にバレる心配もなし
  • 全ての手続をスマホひとつで終えられる
  • 手続き後は最短10秒で入金可能。すぐに現金が手に入る
  • 口座振替の返済で「うっかり支払いを忘れていて利息が膨大になってしまった」という心配も不要

※申込みの曜日や時間によっては翌日以降の入金になる可能性もあり

などなど、安心して使える仕組みが整っています。

特に利息が無料で使えるのはとても大きいですよね….!

筆者も30日以内に返済したので、一切利息がかからずにお金を借りることができました。

今回はあくまで滞納しているお金を払うために借りるだけ。借りたお金は給料で返済しちゃいましょう!

最短1時間融資
✔審査や入会金は完全無料!30日以内に返済すれば利息も無料!
✔書類提出から借り入れまで全てネットで完結する!

※申し込みができる方は

  • 20代〜69歳の方
  • フリーター・正社員など安定収入がある方

に限られます。上記に当てはまらない方は申し込みできないのでご注意ください。

「審査に通るか不安・・・」という方もいると思いますが、当時バリバリのフリーターだった筆者でも借りられました。

プロミスの公式HPはこちら

 

女性オペレーターを希望する方はこちら (プロミスのレディースキャッシング公式サイトに飛びます)

キャッシングを使うのが不安なあなたへのQ&A

実際にキャッシングを使った筆者の体験談ベースでお伝えします!用法用量を守ればこわいものはありません。

Q.利息、お高いんでしょう…..?

A.筆者的には「思っていたより安いな?」という印象でした。

家賃の滞納の補填で借りるお金なんて多くても10万円程度ですよね。

筆者の場合も5万円を借り、1月に2.5万円ずつ返済したところ利息は合計1,153円だけでした。

正直もっとめちゃくちゃな金額をとられると思っていたのですが、意外と安くてびっくりしました。。。

例として、3万円を借りて毎月6,000円ずつ返済する場合は合計利息は1,406円になります。

別の条件で調べたい場合はプロミスの返済シミュレーターで調べてみてください。

借りたい金額と毎月返したい金額を入力すると、利息がいくらになるのかを算出してくれます。

フリーターでも借りられるか不安なのですが……?

A.経験ベースで話すと借りられます。安心して申し込んでみてください。

不安な方は先ほどプロミスの項目で紹介した借り入れシミュレーターを使ってみてください。

  • 生年月日
  • 年収
  • 他の借り入れがある場合は借り入れ額

の3項目を入力するだけで簡易審査を行ってくれます!

筆者は当時月収16万のフリーターで借りられたので、まずは試してみてください。

「家賃を滞納していたら借りられないのでは…?」と思われるかもですが、滞納前もしくは1週間程度の滞納なら恐らく大丈夫です。

 

Q.返済が遅れた時の催促、すごいんでしょう……?

A.すごくありません!闇金じゃないので。

1.2日遅れたくらいでは恫喝まがいの催促をされるようなことはありません。

仮に払えない場合は事前に電話で払えない旨を伝えれば返済日の相談に乗ってくれます。なので払うことが難しくなった時点で電話で返済日の相談をすれば万事解決です。

「電話するのが怖い…」と何日も電話を引き伸ばしてしまうと、それこそ黒服の怖い方々は出てこないにしても利息がどんどん膨らんでいってしまいます。

万が一返済が難しくなった時は勇気を出して連絡しましょう。

 

Q.借りたことが親や職場にバレないか不安で震えます

A.バレないように電話してくれるので大丈夫です

友人を装って職場に電話をかけて、申込者が在籍しているとわかれば「あとでかけ直します〜」といった形で自然に確認してくれるので心配は無用です!

プロミスの公式HPはこちら

女性オペレーターを希望する方はこちら (プロミスのレディースキャッシング公式サイトに飛びます)

まとめ

家賃を払わなければ、一時的に家計は楽になりますが、将来的に面倒なことになることは避けられません。

強制退去やブラックリストになることを避けたければ、なんとかして支払いを済ませましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました